2019年12月13日金曜日


芸団協では、2011年の東日本大震災をきっかけに「震災復興に文化芸術を基金」を立ち上げ、震災復興に向け、文化芸術を通じた長期的な支援事業を行ってきました。
2018年度からは、対象地域を東北に限定せず、甚大な自然災害に見舞われた地域での活動を対象として支援しています。

この基金へのご寄付は、オンライン寄付サイト「GiveOne」(ギブワン)でのネット決済も可能です。
GiveOneでお申込みいただいた寄付は、「特定寄付金」としてすべて所得控除、税額控除の対象となります。
法人の場合は、特別損金算入限度額の寄付金として、損金算入することができます。

GiveOne」では12月を寄付月間として、201912月3日~2020年1月16の期間は、「E-ファンドレイジング・チャレンジ」を呼びかけています。
GiveOneに登録している団体が、E-チャレンジ期間中に集中的に寄付の呼びかけを行い、オンライン寄付の件数を競うキャンペーンです。
今回は、アズビル株式会社による「azbilみつばち倶楽部杯 E-チャレンジ」として実施されており、期間中に寄付いただくと、みつばちクラブからのマッチングにより、寄付額が1.5倍になって寄付先に届きます

芸団協の「被災地の子どもたちに、音楽・芸能を届けよう!」プロジェクトも、E-チャレンジに参加しています。
この機会に、ぜひ、あたたかいご支援をお願いいたします。



GiveOne 
被災地の子どもたちに、音楽・芸能を届けよう!」プロジェクトのページはこちら↓

2019年8月6日火曜日

2018年度「被災地の子どもたちに音楽・芸能を届けよう!」活動報告

芸団協では、2011年の東日本大震災をきっかけに「震災復興に文化芸術を基金」を立ち上げ、復興に向けて、文化芸術を通じた長期的な支援事業を行っています。

この度、2018年度の活動報告書を発行いたしました。
2018年度は、全国各地で自然災害が多々起こりました。
そこで、2018年度は対象地域を東北だけに限定せず活動の募集を行い、移動費等を支援させていただきました。
これらの活動の支援には、皆様からお寄せいただきました寄付金を活用させていただいております。

※芸団協の正会員団体、およびその傘下の芸術団体・実演家を対象に、被災地の学校などを訪問して、実演芸術を届ける活動を公募。選考を経て、2018年度は以下の3団体を支援対象としました。

日本作編曲家協会(音楽)愛媛県大洲市立大洲東中学校
劇団風の子(演劇)福島県伊達市の子ども園
Honey-B(ダンス)宮城県松島町・瑞巌寺ほか



こうした支援活動の継続・充実のために、引き続き皆様からのあたたかいご寄付・ご支援をお願い申し上げます。

<震災復興に文化芸術を基金>
みずほ銀行 支店名:新宿新都心支店(209) 普通 口座 1494755
口座名義:公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 震災復興に文化芸術を基金
     シャ)ニホンゲイノウジツエンカダンタイキョウギカイ
     シンサイフッコウニブンカゲイジュツオキキン

【お問い合わせ】
公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 [芸団協]
〈実演芸術振興部〉 
〒160-8374 東京都新宿区西新宿6-12-30 芸能花伝舎2F
TEL:03-5909-3060(平日10時~18時)
〈総務部〉
〒163-1466 東京都新宿区西新宿 3-20-2 東京オペラシティタワー11 階
TEL:03-5353-6600(平日10時~18時)

「Give One」サイトより、オンライン寄付も可能です。


2018年度 報告書(クリックしてダウンロード)

2018年12月18日火曜日

オンライン寄付サイトGiveOne 第7回「E-ファンドレイジング・チャレンジ」に挑戦





芸団協の「震災復興に文化芸術を!プロジェクト」へは、オンライン寄付サイトGiveOneからのご寄付が可能です。
同サイトで、2018年12月10日~2019年1月15日の期間に実施されている「第7回 E-ファンドレイジング・チャレンジ」に、本プロジェクトもエントリーしています。

2011年の東日本大震災をきっかけに始動したこのプロジェクトも、今年で8年目となりました。
皆様からいただいた寄付金は、芸術体験を通して人とのつながりを感じてもらいたいという思いをもつ芸術団体への活動支援に活用しています。
継続するなかで、被災した地域の子どもたちへ実演芸術を届けることの大切さを感じます。

ご寄付は通年でお願いしておりますが、この機会にあらためて、皆様からのあたたかいご支援をどうぞお願いいたします。


2018年4月13日金曜日

3/17に「みやこ復興寄席」を開催しました

芸団協では、東日本大震災後に宮古市(岩手県)と文化協定を結び、文化事業の開催にご協力しています。3月17日には、宮古市民文化会館で「みやこ復興寄席」を実施しました。

公演の前には、落語と和妻の体験教室を開催。実際にやってみることで、芸の難しさ、楽しさを感じてもらえました。

本番は、大入り満員!KYOKOさんの和妻、ザ・ニュースペーパーのコントを挟み六花亭遊花師匠、三遊亭ときん師匠、三笑亭夢丸師匠、三遊亭金馬師匠の落語をお届けしました。たくさんの笑いに包まれるひととき、また来年も企画しますのでお楽しみに!






【日程】3月17日(土)
【会場】宮古市民文化会館中ホール
【出演者】
 落語:三遊亭金馬、三笑亭夢丸、三遊亭ときん、六花亭遊花
 コント:ザ・ニュースペーパー
 和妻:KYOKO
【主催】宮古市・宮古市教育委員会 
【企画・制作】公益社団法人日本芸能実演家団体協議会


芸団協では、皆様からの寄付を活用し、被災地の子どもたちに音楽・芸能を届けています。今後の事業実施のために、ぜひご協力いただけると幸いです。

*公益社団法人である芸団協への寄付は、税制上の優遇措置が受けられます。
*下記口座へお振込みの後、寄付された旨を添えて、芸団協総務部までメールにてご住所をご連絡ください。寄付金受領後に芸団協から優遇措置の手続きに必要な「領収証」、「税額控除に係る証明書」を郵送いたします。

<震災復興に文化芸術を基金>
 

 みずほ銀行 新宿新都心支店(209) 普通 1494755
 

 口座名義:公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 震災復興に文化芸術を基金
 シャ)ニホンゲイノウジツエンカダンタイキョウギカイ
 シンサイフッコウニブンカゲイジュツオキキン

【お問合せ】芸団協 総務部
〒163-1466 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ11F
TEL:03-5353-6600  FAX:03-5353-6614
E-mail:support★geidankyo.or.jp (★を@に変更して送信ください)


2018年4月10日火曜日

2018年3月に「震災復興寄席」を開催しました

2018年3月に岩手県、福島県、熊本県で「震災復興寄席」公演を行いました。
地域の大勢の方々に、思いっきり笑って心温まるひと時を楽しんでいただけました。現地でコーディネートくださった皆様、ありがとうございました。

 ・3月8日、9日 福島県(かしま交流センター、高平小学校、原町第一小学校、南相馬南町団地、八沢小学校)
・3月9日、10日 熊本県(植木文化ホール、健軍文化ホール)
・3月18日 岩手県(田老公民館)

主催:公益社団法人落語芸術協会
共催:公益社団法人日本芸能実演家団体協議会

芸団協では、皆様からの寄付を活用し、被災地の子どもたちに音楽・芸能を届けています。今後の事業実施のために、ぜひご協力いただけると幸いです。

*公益社団法人である芸団協への寄付は、税制上の優遇措置が受けられます。
*下記口座へお振込みの後、寄付された旨を添えて、芸団協総務部までメールにてご住所をご連絡ください。寄付金受領後に芸団協から優遇措置の手続きに必要な「領収証」、「税額控除に係る証明書」を郵送いたします。

<震災復興に文化芸術を基金>
 

 みずほ銀行 新宿新都心支店(209) 普通 1494755
 

 口座名義:公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 震災復興に文化芸術を基金
 シャ)ニホンゲイノウジツエンカダンタイキョウギカイ
 シンサイフッコウニブンカゲイジュツオキキン

【お問合せ】芸団協 総務部
〒163-1466 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ11F
TEL:03-5353-6600  FAX:03-5353-6614
E-mail:support★geidankyo.or.jp (★を@に変更して送信ください)




熊本城の様子。修復にはまだまだ時間がかかりそうです。



2018年1月11日木曜日

2017年度「被災地の子どもたちに音楽・芸能を届けよう!」活動報告

芸団協では、2011年の東日本大震災以降、「震災復興に文化芸術を基金」を立ち上げ、震災復興に向け、文化芸術を通じた長期的な支援事業を行っています。

2016年度には、株式会社エス・シー・アライアンス様をはじめ、多くの方々からご寄付をいただきました。改めて御礼申し上げます。

2017年度は、皆様からのご寄付を資金として、以下の5つの団体へ移動費等を支援させていただきました。活動の報告は、報告書よりご覧いただけます。
※芸団協の会員団体およびその傘下の芸術団体、実演家を対象に、東北3県の学校などを訪問して音楽や芸能を届ける活動の企画公募を実施。

ラルト・コンチェルト(音楽)大船渡市の高齢者施設など
たかはしべん (音楽)田野畑村の保育園、小学校など
オペラシアターこんにゃく座(音楽)盛岡市の保育園
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 (音楽)志津川の高校、復興住宅集会所など
(一社)日本ジャズダンス芸術協会 (ダンス)いわき市復興住宅、アリオス稽古場


ぜひ本活動の継続・充実のために、引き続きご寄付・ご支援のほどお願い申し上げます。

<震災復興に文化芸術を基金>
みずほ銀行 支店名:新宿新都心支店(209) 普通 口座 1494755
口座名義:公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 震災復興に文化芸術を基金
     シャ)ニホンゲイノウジツエンカダンタイキョウギカイ
     シンサイフッコウニブンカゲイジュツオキキン

【お問合せ】公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 [芸団協]
 163-1466 東京都新宿区西新宿 3-20-2 11 階
 tel:03-5353-6600 fax:03-5353-6614

〇下記のGive Oneサイトより、オンライン寄付も可能です。

2017年6月9日金曜日

2016年度「被災地の子どもたちに音楽・芸能を届けよう!」プロジェクト活動報告

芸団協では、2011年の東日本大震災以降、「震災復興に文化芸術を基金」を立ち上げ、震災復興に向け、文化芸術を通じた長期的な支援事業を行っています。これまでご寄付いただいた皆様には、深く感謝申し上げます。

2016年度は、岩手県と宮城県の6つの小学校での室内楽出前コンサート、宮古市(岩手県)の子育て支援すくすくランドでの演劇公演、福島県の3つの小学校でのマジック公演、いわき市(福島県)の3か所でのジャズダンスの支援事業を実施しました。

東日本大震災の被災地の方々を取り囲む環境は、地域によって復興の度合いに違いがあるようです。6年を経てもなお避難先で暮らしている方々が 12 万人近くいらっしゃいます。新しい復興住宅に移り住んだ方々も、大切なものを失った喪失感や将来への不安を払しょくすることは容易ではなく、心の復興はこれからが肝心と言われています。

ぜひ本活動の継続・充実のために、引き続きご寄付・ご支援のほどお願い申し上げます。

<震災復興に文化芸術を基金>
みずほ銀行 支店名:新宿新都心支店(209) 普通 口座 1494755
口座名義:公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 震災復興に文化芸術を基金
     シャ)ニホンゲイノウジツエンカダンタイキョウギカイ
     シンサイフッコウニブンカゲイジュツオキキン

【お問合せ】公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 [芸団協]
 163-1466 東京都新宿区西新宿 3-20-2 11 階
 tel:03-5353-6600 fax:03-5353-6614